なぜ対象ゲームは「GTAⅢ」だけなのか?

この投稿は、amebloで記している「Pagan(異教徒)の説話」の抜粋である。


埼玉県は、カプコン社販売のゲームソフト「グランド・セフト・オート3」を県青少年健全育成条例に基づく有害図書類に指定し、18歳未満への販売禁止を決めた。
残虐ゲーム:埼玉も18歳未満の販売禁止  (MSN Newsより)

この規制は神奈川県の松沢知事のブログに詳細が記されているが、松沢知事が県知事会でゲーム規制を他県に要請してから、実際の規制に踏み切ったのは、埼玉県が初めてとなる。
松沢しげふみ タックルレポート 『「闘う知事会」レポート』(05.07.20)
(このリンクは、コメントやTBが多く、とても重たい・・・)

拙ブログでも、数回このゲーム規制の問題について記してきた。
基本的に、私はゲーム規制そのものには賛成である。という立場で拙ブログは記事投稿を行ってきたが、8月9日に記した『朝日新聞掲載、松沢知事「私の視点」への疑問 』で示した疑問を残したまま、埼玉県も有害図書指定を行った。
つまり、有害図書を指定するなら、なぜ「グランド・セフト・オート3」1本だけなのか?という疑問に、神奈川県も埼玉県も答えていない。


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。

このページのスタンスは、こちらに記した。


なお、
神奈川県のゲーム規制及び松沢知事のブログに関して、以下の投稿をしている。
よろしければ、参照していただきたい。
(すべてamebloの「Pagan(異教徒)の説話」から)
ゲーム規制とアスベスト 松沢知事のブログ 序』(05.07.24)
表現の自由規制か? 松沢知事のブログ 2』(05.07.24)
政策に不満なら・・・ 松沢知事のブログ 3』(05.07.25)
過渡期にあるブログ 松沢知事のブログ 4』(05.07.27)
もう一度、表現の自由について考える』(05.07.31)
ブログは議論の場か?』(05.08.04)
朝日新聞掲載、松沢知事「私の視点」への疑問』(05.08.09)
[PR]
by paganhl | 2005-09-21 02:06 | ニュース(社会)
<< NHKの強硬姿勢は返って根本的... 規制緩和の失敗例なのか?過渡期... >>