膠着状態はTBSに利。 そして楽天は借入金をどうする?


この投稿は、amebloで記している「Pagan(異教徒)の説話」の抜粋である。

株の買収劇において、買収される側は時間をかければ良いと、拙ブログでも記した。
そして、TBSはイヤミともとれるくらいのスピードで往復書簡を行っている。

突然の株買収劇によるTBSサイドのアレルギー反応は予想以上のようであるが、楽天の買収を敵対的とし買収防衛策を実施した場合、それは逆にTBSの敗北でもある。

放送事業者とネット事業者の融合は、古くて新しい話題だが、地上波デジタル放送の完全実施前までに放送事業者としては、一定の方向性を示したいところ。

そして、放送事業者からしても組む相手は限られてくる・・・・

TBSは、楽天の突然の株買収で、アレルギー反応を起こしているようであるが、楽天と業務提携の話を進めていたが、今回の株買収劇で一気に熱が冷めてしまったようである。


その意味で、三木谷氏の戦略は間違えた。

そして・・・



続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-10-24 00:57 | ニュース(社会)
<< 彼の強権だけですべてが決まる時... やはり実戦感覚の差なのか? 息... >>