三木谷憎し! TBS幹部の対応を考える


この投稿は、amebloで記している「Pagan(異教徒)の説話」の抜粋である。

楽天のTBS株買収は、楽天の迷走・三木谷氏の敗北で決着をみると思われるが、少し立場を変えてみれば、TBSの対応は大人気なく、大株主に対するものではない・・・・。
また、横浜球団の株主構成を棚に上げて、野球協約を楯にTBS株買収を否定する手法は、筋違いだと思われる。
村上氏の言葉ではないが、TBSは上場企業としての礼節に欠ける側面も否定できない。

腐っても?楽天はTBSの筆頭株主である。

三木谷氏が、村上氏や堀江氏のようなグリーンメラーならTBSのトップが会談を拒否する理由も理解できなくもないが・・・
楽天が長期に渡って楽天がTBS株を所有し続けた場合のことを、現TBS経営陣は考慮していないような対応に見える。

そして・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-11-05 01:35 | ニュース(社会)
<< 「魔がさした」では説明できない... 球団は人質なのか? 三木谷憎し... >>