三木谷氏の綱渡り、だが敗北が決定的ではないこれだけの根拠


この投稿は、amebloで記している「Pagan(異教徒)の説話」の抜粋である。

楽天によるTBS株買収は、ソフトバンクの参入で先行きの不透明さを増した。
しかし、先日の決算発表での余裕の表情から、三木谷氏には光明が見えているようである。
そして、TBSも周囲もその三木谷氏の変化を見誤ると、誤算生じる。
そう、三木谷氏は腹を括ったようである・・・

拙ブログ「三木谷氏の方向転換と20%の圧力」のコメント欄、困った株主氏とのやり取りでも記したが・・・
楽天の増資
オーナー会議の行方
この二つが懸案ではあるが、どちらも最悪の状況すら、三木谷氏は想定内に入れたようである。

そして・・・


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-11-11 11:16 | ニュース(社会)
<< 杓子定規がプレッシャーを生み、... 巨人の巨人による巨人のためのF... >>