慶事の影に隠れたニュース達。 拉致問題隠しかが主眼か?


この投稿は、amebloで記している「Pagan(異教徒)の説話」の抜粋である。

清子内親王の結婚式は何故、11月15日になったのであろう?
黒田慶樹さん・清子さんの結婚式が無ければ、もっと報じられていたはずのニュースを探ってみた。

まずは、拙ブログ「慶事に水を注すつもりはないのだが、しばらく結婚報道一色になる裏側で・・・」で記した、ブッシュ大統領の訪日。
しかし、アメリカサイドは牛肉も米軍再編も解決済みの問題として首脳会談に臨むという報道もあるので、2人のパフォーマンスを見せつけられるだけ・・・
国内では、米軍再編問題は未解決だが、すでにこの国のポチは首領様に約束してしまったらしい。
せめて、このズレを報じてくれれば良いのだが、それは期待薄か?

だとすると、最も報じられるスペースが削られたのは、
「皆さんの関心が最大の力」=めぐみさん拉致28年で両親-新潟 (Yahoo Japan News 時事通信)このニュースか?

11月15日は、横田めぐみさんが拉致された当日。
内親王の結婚が無ければ、このニュースがトップであった可能性は高い。

そして、敢えてその日に慶事をぶつける意図を考えた方が良い。

それは・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-11-16 00:10 | ニュース(社会)
<< 会社に実害の無い解雇。 本当に... ポチの置き土産 >>