全国知事会は、既存の自主規制をどう考えているのか?


この投稿は、amebloで記している「Pagan(異教徒)の説話」の抜粋である。

<残虐ゲーム>青少年への販売自主規制を 全国知事会が要請 (Yahoo Japan News 毎日新聞)
(引用ここから)
全国知事会は17日、コンピューターゲームの業界団体「コンピュータエンターテインメント協会」(東京都港区)に、家庭用ゲームソフトの青少年への販売を自主規制するよう要請した。具体的には▽18歳以上が対象ソフトの18歳未満への販売禁止▽ソフトの区分陳列の徹底▽販売店ごとの自主規制の検証――などを求めている。「残虐ゲームのリアルな描写が発達段階にある青少年に与える影響が大きい」ことを理由に挙げた。
神奈川県の松沢成文知事が要請書を持参した。同県は6月、条例に基づき全国で初めて残虐シーンの多いソフトを有害図書類に指定しており、松沢知事が7月の知事会で全国に広げるよう提案していた。
ソフトの審査を担当する特定非営利活動法人「コンピュータエンターテインメントレーティング機構」(東京都千代田区)にも同様の要請書を提出した。
(引用ここまで)

拙ブログでも松沢知事の行った「残虐ゲーム」の有害図書指定について幾度か記してきたが、この問題は全国知事会の要請という形に結実することとなった。

ただし、既に、特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構では、トレーディングシールの貼付や陳列棚の区分け要請を小売業者に対して行っており、小売の現場で更なる区分けが求められることとなろう。

そして・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-11-17 22:09 | ニュース(社会)
<< 上がる税・上がらない税 統合拒否!これは三木谷氏の想定内か? >>