やはりこの会社は上場してはいけない

TBSが楽天への経営統合拒否回答を今月中に行うという観測の中、TBS経営陣に驕りとしか思えない発言報道が続いている。

<TBS>楽天と和解折衝 業務提携、株保有割合など柱に(Yahoo Japan News 毎日新聞)
(引用ここから)
関係者によると、和解に向けた接触は先週から始まった模様だ。交渉は(1)両社が複数の業務提携を行う(2)楽天が保有するTBSの発行済み株式の19.09%の取り扱い(3)TBSへの楽天の役員派遣――の三つが柱になる見通し。業務提携は、インターネットを活用した通信と放送の融合を掲げる楽天の意向を踏まえ、電子商取引などの分野を中心に提携するもので、具体的な内容は今後詰める。
株の扱いについては、楽天が少なくとも現状維持を望むのに対し、TBSは保有比率の引き下げを強く望んでいる。また、役員についても、楽天は複数の派遣を望んでおり、TBSと考えの差は小さくない。今後の交渉の焦点となりそうだ。
(引用ここまで)

TBSが楽天に要請しているという株の保有比率の引き下げ問題。
これをTBSはどのように提案しているのであろうか?

ライブドアとフジテレビの争いでは、フジテレビがニッポン放送株を買い取るばかりでなく、ライブドアへの出資も行った。
ライブドアは、このニッポン放送株の売り抜けだけで1000億近い利益を叩き出している。

つまり、保有比率を下げて欲しいなら買い取るしかない・・・


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-11-22 06:24 | ニュース(社会)
<< 責任の擦り付け合いではなく、「... 高橋尚子選手の復活に寄せて >>