暴かれる被害者のプライバシー 2重の被害を防ぐ手段は・・・

広島で起きた、小学校一年生の女子児童を殺害し、ダンボールに入れて放置された事件。
とても痛ましい事件であるが、これから更に痛ましい事態が起きる恐れがある。

<小1女児殺人>過熱取材対策で報道申し合わせ(Yahoo Japan News 毎日新聞)
(引用ここから)
広島市で小1女児が段ボール箱に入れて放置され、殺害された事件で、広島県内に取材拠点を置く新聞社・通信社・放送局計16社でつくる県編集責任者会は23日、「取材・報道の使命の重要さを認識するとともに、被害者家族をはじめ周辺住民、学校など関係者の心情やプライバシー、人権に配慮し、節度をもって取材・報道に当たる」ことを申し合わせた。事件の被害者宅周辺などでメディアスクラム(集団的過熱取材)が起きるのを、未然に防ぐための対策。
22日には女児の父親、木下建一さんと親族一同が、県警を通じて、現在の心境とともに取材自粛を申し入れた。

木下さんらの申し入れ全文は次の通り。
私達は、今回の出来事で大変胸を痛めております。
私達は、あいりを静かに見送りたいと思っています。
敷地内への立ち入りをお控えいただければと切に思います。また、私たち家族、親せきやご近所の方々、学校、幼稚園などへのインタビューや撮影をご遠慮お願いしたいと思います。 
どうか、何卒(なにとぞ)よろしくお願い致します。

(引用ここまで)

痛ましい事件が発生すると、被害者の親族はそれ以降も様々な報道被害に合う。
そして、被害者というだけで、プライバシーは暴かれ、連日取材カメラに晒される日々を過ごすことになる。

そして・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-11-24 00:17 | ニュース(社会)
<< これは官→民の問題でもなければ... 第一ラウンドは楽天の完敗! 果... >>