天皇の後継を法律で規定する不自由さ

皇室典範に関する有識者会議の最終答申の後、大新聞メディアの世論調査では、女系も女性の天皇も賛成が多数を占める結果となった。
それに対して、いわゆる右寄りのオピニオンは、Y染色体の継承の重要性を説く論調が目立つ。

現天皇家に万世一系の血筋が受け継がれていないことは、神話世代の天皇の生存年齢の信憑性などからも明らかで、ここに男系の根拠を求めるのは無理があろう。
しかし、天皇家が少なくても1200年以上女帝を置きながらも男系後継を仰いできた歴史とその意味は考える必要がある。
特に、天皇家の機能が、有識者会議で想定された「象徴としての元首」だけであれば、問題は少ないのだが、拙ブログでも繰り返し述べているように、天皇家には「神道の教主」という機能を併せ持つ。
この2つの機能を考え合わさなければならない。

そして・・・


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-12-02 23:58 | ニュース(社会)
<< たぶん、法的強制力を増しても減... これが姉歯建築士やイーホームズ... >>