天下りの為の組織と都市の安全。 行政が隠蔽したいもの ②

拙ブログ「行政の隠蔽したいものの輪郭が見えてきた ① 」で記したように、この事件は本来「民と民」の問題であるはずなのだが、官の責任が大きい。

それは、検査機関そのものが、天下りのための組織として作られたという事を考えれば当然かもしれない。

そして、さらに隠蔽されるものが明らかになってきた。

まずは、姉歯氏の作成した耐震構造を偽造した設計書は、見抜くことができたものであったのか?
これを考えてみたい・・


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-12-08 06:53 | ニュース(社会)
<< 6月12日でこの国のドイツワー... あの戦争を仕方ないと捉える事の危うさ >>