「愛」に決まったが、違和感の方が大きい・・・

日本漢字能力検定協会主催する、今年の世相を表す漢字に「愛」が決まった。
今年の漢字は「愛」 災害救済、紀宮さま結婚 (goo News 共同通信)
(引用ここから)
2005年の世相を象徴する「今年の漢字」に「愛」が決まり、日本漢字能力検定協会(京都市)が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。
今年で11回目を迎える公募で、心温まる印象の言葉が選ばれるのは初めて。全国約8万5000通の応募のうち「愛」は約4000票を集め、4・7%を占めた。
アメリカのハリケーンなど、各地で続発した自然災害の被災者救済など地球規模の「愛」、紀宮さまと黒田慶樹さんのご結婚と純愛ブームの一方、広島、栃木、京都などで相次いだ児童殺害事件など愛が足りない事件が続発した世相も反映したとみられる。
「世界に愛があふれてほしいと思って」「『あい』という名の女性が活躍した」などの意見も寄せられた。
縦約1・5メートル、横約1・3メートルの和紙に筆で「愛」の字を揮毫(きごう)した森清範貫主は「相手の喜び、悲しみが伝わってくるのが愛。観音様の慈悲にも通じる。心を込めて書かせていただいた」と話した。
(引用ここまで)

違和感を覚えているのは、私だけではないらしい・・・
共同通信のこの記事も、何故「愛」が選ばれたのか?その理由に悩んでいる様子が伝わる。

それは・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-12-12 18:31 | ニュース(社会)
<< この国のインフラの脆弱さを問題... 弱者である児童への加虐とこの国の病理 >>