証人喚問という茶番。 姉歯氏と木村建設の個別問題で事件は幕引きか?

姉歯氏、経営総研の内河氏らの証人喚問のダイジェストしか見ていないので、もしかしたら、全容は異なるのかもしれないが・・・・

今回の証人喚問は、耐震構造問題に幕を下ろすための茶番劇。

こんな印象を持った・・・・

問題の所在を、姉歯氏と木村建設の元東京支店長のやり取りに絞りこみ、偽装行為そのものに関しては、具体的な指示ではなく抽象的な指示の存在。
そして、下請け業者としての「一級建築士」悲哀・・・・

この問題が、純粋に姉歯氏と木村建設だけの問題で、その偽装を見ぬけなかった確認検査機関の問題が上乗せされる程度であれば、税金投入の必要は無い・・・
国土交通省が、税金を投入してまでここで問題の拡散を押さえたいという意図とその意図通りに運んだ証人喚問では、問題の所在は明らかにならない。

そして・・・


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-12-14 20:29 | ニュース(社会)
<< プロ野球から個性が消える日。 ... 他人の不幸は蜜の味。この現実を... >>