役人のトラブル太りを許してはならない。

証人喚問を経て、姉歯元建築士による耐震データ偽装は、総研-木村建設ラインを犯人として収束へと向かうこととなろう。
そして、事件再発を防ぐために、構造計算の再計算センター構想が浮上している。

これは、自らの責任を一民間企業に転嫁し、そして役人だけトラブル太りの結果となる。

この様なことを、許してはならない・・・・

この事件は、政策的必然だったとも言える事件なのである。

それは・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2005-12-16 06:33 | ニュース(社会)
<< グランプリシリーズがOKで、オ... プロ野球から個性が消える日。 ... >>