堀江氏を煽った側の倫理と責任

ライブドア社の証券取引法違反による家宅捜索によって、いくつか明らかになってきた事がある。
私の印象では、明らかに粉飾決算などの違法行為はありそうだが、疑惑の焦点は「堀江式錬金術の肝」であるグレーゾーンの部分に割かれているように思える

特にフジサンケイグループのメディアは、堀江氏の疑惑発覚で溜飲を下げ、立場を忘れた「報復」とも思える報道を行うと宣言したものもある。

堀江氏及びライブドア社の疑惑の解明にはもう少し時間が必要であろうが、メディアが期待して報じている「堀江式錬金術」のグレーゾーンは、グレーゾーンのままで終わるのではなかろうか?
そして、明らかに証券取引法違反の粉飾決算と風説の流布の立件が行われれば、御の字といった程度でこの疑惑は幕を下げることになるのではなかろうか?
現時点での私の予想は、そのようなものである。

そして・・・

続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2006-01-18 07:56 | ニュース(社会)
<< ライブドア家宅捜索までぶつけて... 堀江式錬金術の実態と限界。凋落... >>