堀江氏を叩く人々と疑惑の小ささ

私自身、とても天邪鬼なんだろうと思う。
報じられているライブドアの疑惑について、「何故ここまで騒ぐのだろう?」と思っている。
地検特捜部が物々しく動いた割りには、言葉は悪いが疑惑が小さい(笑)。

堀江氏の経営手法に批判的で、彼をヒーロー扱いしてきたメディアに対し拙ブログは幾度かアンチテーゼを投げかけてきた。
そして堀江氏の手法への賞賛は、この国の根幹を揺るがす社会問題を引き起こすとさえ考えている。

しかし、その様に考える私から見ても今回の疑惑はあまりにも小さい。
それに対して、疑惑を報じるメディアは予断を交え、ライブドア社の上場廃止から破綻までを規定路線のごとく扱っている。

まるで、右へ倣えのファシズムのようにさえ見える。

具体的にその疑惑の小ささを検証してみたい。


続きを読む・・・
(amebloの「Pagan(異教徒)の説話」に飛ぶ)
コメント・TBもジャンプ先のサイトにお願いしたい。


このページのスタンスは、こちらに記した。
[PR]
by paganhl | 2006-01-20 00:10 | ニュース(社会)
<< 堀江貴文はピエロだったのか? ライブドア家宅捜索までぶつけて... >>